築地市場青果部推奨特選園地バナナ / バナナの話

会社概要取扱い店舗サイトマップお問い合わせ
栽培についてイメージ
築地市場青果部推奨 特選園地バナナトップページ >> バナナの話

築地市場青果部推奨 特選園地バナナの栽培地「ミンダナオ島」

築地市場青果部推奨 特選園地バナナの栽培地である、フィリピン・ミンダナオ島について お話したいと思います。

ミンダナオ島は、フィリピン東南部に位置し、フィリピン最高峰のアポ山、スールー海には22の島があり、自然豊富な島です。
また、ミンダナオ島は、年間を通して雨量は多いが、一年中暖かいといった安定した気候です。そして、この気候こそがバナナ栽培に最も適した気候条件なのです。
このミンダナオ島で最も大きな町「ダバオ」で、20世紀初頭に日本人移民による麻栽培が始まると、東南アジア最大の日本人社会が形成されていきました。
そして、日本とバナナを繋ぐ関係が始まっていったのです。
ページトップへ戻る


バナナを日本へ

ミンダナオ島で、バナナ農園が開発され、その多くが日本に輸出されました。

1960年代、日本でバナナの輸入が自由化されたことを受け、日本市場向けのバナナを栽培する為バナナプランテーションが作られました。
ここから、現在に至るまで、フィリピンで栽培されているバナナの輸入がトップを占めています。
築地市場青果部推奨 特選園地バナナは、ここフィリピン・ミンダナオ島の山の中腹「ミッドランド」で丁寧に栽培されているミッドランドバナナです。
ページトップへ戻る

バナナ カラーチャート

築地市場青果部推奨 特選園地バナナが、ミンダナオ島で収穫され、日本へ届けられ、皆さんに食べてもらいたく店頭に並ぶまでに、バナナもお化粧をします。
青いバナナから美味しそうな黄色いバナナに変わるまでを下に表してみました。

低温管理システム

ページトップへ戻る

バナナの食べ頃

バナナを美味しく食べるのには、「食べ頃」を見極めることも大切です。

上のカラーチャートを元にバナナの食べ頃についてお話します。
バナナ収穫後、出来るだけ早く低温管理された集荷所に輸送し、集荷所からバナナ専用船に積み込むまでの輸送中も、 上記カラーチャートの6番目「フルイエロー」の状態がバナナの食べ頃の色です。
また、7番目「スター」になると、茶色の斑点が見られるようになります。この茶色の斑点は「シュガースポット」と呼ばれ、甘く完熟した証拠です
ページトップへ戻る

バナナと健康

バナナは、手軽で簡単に食べられるスタミナフードです。

バナナは体内での吸収が早いので、即時にエネルギー補給をしたい時などは是非バナナを召し上がってみてください。
また、夏になると汗をかくことで「カリウム」が不足し食欲不振やだるさ、疲れなどを招きます。バナナには、このカリウムをはじめ、ミネラルが豊富なので栄養補給はもちろんのこと、精神を安定させる「トリプトファン(アミノ酸)」も豊富にふくまれているので、寝付きの悪い時にもバナナがおすすめです。

さらに、バナナの熟成度によって作用が異なってきます。
■未熟なバナナ(5.グリーンチップ)・・・便秘解消や腸内環境の改善
■食べ頃バナナ(6.フルイエロー)・・・血液サラサラ効果
■シュガースポット出現バナナ(7.スター)・・・免疫力向上

ページトップへ戻る

バナナも風邪をひくのでご注意下さい

バナナが風邪をひくってどういうこと?なんてお思いの方もいらっしゃるかと思います。

バナナを冷蔵庫にしまったり、冬の寒い時期にバナナが変色してしまったということはありませんか?
バナナを保管するのに最適な温度というものがあります。
バナナの最適温度は15度程度です。13度以下になると熟成せずに黒ずんでしまいます。この黒ずみは、上で書いたシュガースポットとは違います。
バナナも人と同じで、寒い場所にずっといると風邪をひいてしまうので、温度を気にするようにして下さい。 皆様に美味しいバナナを召し上がって頂きたいので、バナナの保存にはご注意下さい。
ページトップへ戻る